ジョンロブのシューズ

ジョンロブはイギリス王室ご用達の靴にもなったオーダーメイドの最高級シューズのブランドとして有名です。ここでは製品の概要と特徴をお話しします。



サイトトップ > ジョンロブの歴史

スポンサードリンク

ジョンロブのシューズ

ジョンロブの歴史


ジョンロブは世界で最も評価の高いオーダーメイドシューズブランドの一つで、まさに高級シューズの代名詞のような存在ですが、ジョンロブ氏がロンドンでビスポークの靴専門店を1866年に開いたのがその始まりです。


ジョンロブ氏はイギリス生まれですが、ゴールドラッシュでオーストラリアに移住し、そこで紳士靴の職人としての名声を得てからイギリスに戻り、工房を開設したのです。その後、ジョンロブの靴は高いレベルでステッチ等をこなし、世界で最もクオリティの高いシューズブランドの一つとなり、イギリスの王室ご用達の靴職人にもなりました。


使用しているレザーが上質なのは言うまでもありませんが、150年も継承してきた普遍的な美しさとファッション性を備えていて、その用途は幅広いのが特徴です。


アイテムはブーツタイプのものまであって数百のタイプを取り揃えていますが、特に人気のモデルはフィリップとなっています。


ロンドンとパリに工房がありましたが、パリ工房は1976年に閉鎖されました。しかしエルメスがパリ支店のブランドを買い取る形で資本参加したので、ジョン・ロブ・パリの職人はエルメスの本店に入り、それ以降はロンドン・ジョン・ロブを除いたすべてがエルメスの管理下になっています。


しかし、エルメスの傘下に入ったことで、ジョンロブは既成靴のブランドとしても有名になったのです。現在は本家の「ジョンロブ ロンドン」とエルメスが運営する「ジョンロブ パリ」がありますが、「ジョンロブ ロンドン」がイギリスで、「ジョンロブ パリ」がその他の国で展開しており、日本で販売されているジョンロブのシューズは一般的に「ジョンロブ パリ」となっています。


ジョンロブパリではプレタポルテ&レディメイドのラインをスタートさせていてもちろんこれもジョンロブの伝統を継承したフォルムの美しさが高い評価を受けています。


ジョンロブのシューズ

MENU



スポンサードリンク